上顎臼歯の、少量の骨造成はソケットリフトで

患者様は名古屋市在住50代女性。
上顎の右側の第一大臼歯が抜歯となり、抜歯していただいた歯科医院で、抜歯した穴に、骨補填材を填入されたそうです。
当院でレントゲン、CTを撮影したところ、まだ骨になっていないと思われる材料が残っている状態でした。
CT上で測定すると、これが骨に置き代わったとしても、少し高さが不足すると考えられました。
そこで、骨が成熟するのを数か月待って、ソケットリフトという骨造成術を併用して、インプラント埋入を行いました。
下の、1段目が初診時のレントゲン写真、2段目が初診時のCT、3段目がインプラント埋入後のCTです。
ソケットリフトによって、骨がドーム状に造成できました。