上顎臼歯の薄い骨は、サイナスリフトで骨造成

患者様は名古屋市在住30代女性。
左上顎の大臼歯2本の歯根周囲に炎症を起こし、歯を支える骨が大きく吸収されてしまっているために、抜歯しなければならなくなってしまいました。
抜歯となったら、義歯かインプラントと言われ、インプラントを希望されたのですが、骨が薄くてできないと説明されたそうです。
義歯はどうしても嫌で、何とかならないかと当院に相談に来られました。
レントゲン、CTでみると、紙のように薄くなってしまった骨が残っているのみでした。
この部位に、サイナスリフトという骨造成術を行なえば、インプラントが埋入できる可能性が高いと説明させていただき、同意を得られましたので、本日、右側上顎のサイナスリフトを行いました。