1歯だけでも骨造成でインプラントを可能に

患者様は名古屋市在住40代女性。
右上顎の第一大臼歯の差し歯が外れて、通院していた歯科医院を受診したところ、歯根の状態が悪く、抜歯しなければならないと説明されたそうです。
抜歯して、インプラントかブリッジなのですが、インプラントは骨がなくて無理と言われてしまったそうです。
当院でインプラント治療を受けられた知人の方の紹介で、今回相談に来られました。
レントゲン写真(最上段の写真)を見ると歯はボロボロの状態で、周囲の骨は吸収され、CTを見ても(2段目の写真)骨が非常に薄くなってしまっています。
まずは抜歯、少し骨が回復するのを期待して3か月ほど後に、再度CTを撮影してみましたが、やはり骨は薄いままで、このままではインプラント埋入は不可能でした(写真3段目)。
そこで、1歯だけのためですが、サイナスリフトという骨造成術を行ないました。6か月後のCTにて(写真4段目)、骨は十分に造成できたと判断し、本日1本のインプラント埋入術を行ないました。