インプラントで義歯の安定を

患者様は名古屋市在住60代男性。
上顎の歯がほとんど全滅状態となってしまい、インプラント治療の相談においでになりました。
数本残った上顎の歯はどれもグラグラで、抜歯が必要でした。
まずは下の写真の青矢印の歯のみ残して、あとは抜歯して義歯を作製しました。
臼歯部は骨が非常に薄く、インプラントを埋入しようとすれば、両側とも骨造成が必要でした。
検討の結果、前歯部のみに4本のインプラントを埋入して、そのインプラントに義歯の維持装置を装着して、義歯を安定させるためのインプラント治療を行うこととなりました。
本日、上顎残前歯部に、4本のインプラント埋入術を行ないました。


CT インプラント治療