臼歯も即時埋入で、治療期間の短縮を

患者様は名古屋市在住60代男性。
右下顎のブリッジがグラグラしてきたために近医に行かれたところ、ブリッジの支えになっている歯がダメになっていて、もう抜歯しかないと言われたそうです。
抜歯後は、義歯かインプラントと説明されたために、インプラント治療を希望されて当院に相談に来られました。
レントゲン写真で、ブリッジの後方の歯の周囲は骨が吸収され、前方の歯もかなり動揺がありました。後方の歯は、骨吸収が大きいので、ここにはインプラントを埋入せず、ブリッジの前方の歯のところに、1本抜歯即時インプラント埋入、ブリッジのダミーの部位にもう1本埋入して、臼歯2本の回復を行うこととしました。
これにより、抜歯して治癒期間を待つよりも、早期に治療が終了させることができます。


CT インプラント治療