前歯の骨の薄い部位は、骨造成してインプラントを埋入

患者様は名古屋市在住の30代男性。
上顎前歯が1本抜けてしまい、インプラント治療を希望された患者様です。
以前にご紹介したのですが、CTを撮ってみると、骨の厚みが4mm程しかないために(下段左の写真)、外側に人工骨を補填して骨造成を行い、インプラント埋入を行ないました。4か月経過し、上部構造を作製する時期がきましたので、術後経過観察のため、再度CTを撮影させていただきました。
下段右の写真のように、インプラントの外側に、骨が確保され、安定したインプラントの維持が可能になりました。後は上部構造(咬む歯の部分)を作っていく予定です。


インプラント治療