ブリッジが無理な大臼歯を、インプラントで回復

患者様は名古屋市在住の60代女性。
左下顎にブリッジが入っていたそうですが、支えになっている後方の歯がボロボロになり、外れてしまったそうです。
来院された時には、大臼歯がわずかに、残根の状態で残っているだけでした。後方に歯がないために、ブリッジはもう不可能ですので、入れ歯かインプラントということになります。
インプラント治療を希望されましたので、残根状の歯は抜歯、左下顎大臼歯部に、本日、2本のインプラント埋入術を行ないました。


インプラント治療