必要なら、サイナスリフトと自家骨移植、両方で骨を造成します

患者様は名古屋市在住の50代男性。
数年前に両側の下顎臼歯にインプラント治療をされた患者様です。
今回は、左上顎臼歯のブリッジを支えている歯が、両方とも歯根の周囲に炎症を起こし、抜歯しなければならなくなりました。同部もインプラント治療を希望されたのですが、骨が薄くて困難と言われたそうです。骨造成を行なえば可能かもしれないと、当院を紹介されて、来院されました。上段のレントゲン写真が当院初診時のもので、左上顎のブリッジの状態が不良です。
2段目の写真が初診時のCT像で、骨が非常に薄いのが分かります。
3段目の写真が、抜歯して3か月のCTです。骨は薄いままで、3段目左の写真、第一小臼歯部の歯があった部分は、大きく骨が失われていました。
このままでは、とてもインプラント埋入は不可能ですので、上方の上顎洞部には、サイナスリフトという骨造成術を行ない、その後、第一小臼歯部の歯があった部分には、ブロック状の自家骨移植術を行ないました。以前に、サイナスリフトを行なった時に、ご紹介した症例です。
4段目の写真が、骨移植後のCTです。
骨は厚みを増し、移植した骨は周囲と一体化して、十分な骨量が確保できました。そこで、本日、この部位に3本のインプラント埋入術を行ないました。


インプラント治療