必要に応じて、自家骨移植で骨造成してインプラントを

患者様は名古屋市在住の50代男性。
右下顎のブリッジがグラグラするということで、今まで通院していた歯科医院に行ったところ、ブリッジの支えになっている後方の歯がもうダメで、抜歯しなければならないと言われたそうです。抜歯したら、義歯かインプラントなのですが、インプラントをするには、骨が不足していると説明されたそうです。インプラント治療を希望して、当院に相談に来られ、CTを撮影してみました。インプラントを埋入する部位の、骨の高さは十分なのですが、幅が薄くて、変形したようになっていました(下段左写真)。そこで、骨量を確保するために、ブロック状の自家骨(患者様ご自身の骨)を移植することをお勧めしました。了承いただけましたので、5か月前に自家骨移植術を行ない、本日インプラント埋入術を行ないました。移植した骨は周囲骨と一体化して生着しており(下段右写真、真っ白に写っているのは骨を固定したマイクロスクリュー)、良好なインプラント埋入が可能でした。