上顎大臼歯の少量の骨不足はソケットリフトで

患者様は名古屋市在住の30代女性。
上顎第一大臼歯を、左右両側とも抜歯されて、しばらくそのままでいたそうですが、やはり咬みづらいとうことで、インプラント治療を希望されて当院を受診されました。
通常のレントゲン写真(上段の写真)では、骨量が十分かと思われましたが、CTを撮影してみると、右側はギリギリ10mmぐらいの高さで、左側は6mmほどしかありませんでした(下段左の写真)。
そこで、左側はソケットリフトという骨造成術を併用して行うことをお勧めし、ご納得いただけましたので、本日両側にインプラント埋入術を行ないました。
術後、CTを撮って確認したところ、左側はいい感じで骨が造成されていました(下段真ん中と右の写真)。