抜歯即時埋入で、治療期間の短縮と骨の喪失抑制を

患者様は名古屋市外在住の30代男性。
上顎の右の前歯が差し歯だったのですが、急にグラグラし始めて、以前から通院されていた歯科医院に行ったところ、歯根が折れていると言われたそうです。
歯根が折れてしまうと、折れ方にもよりますが、多くの場合は抜歯となります。
この方も、再び差し歯で治すというのは無理で、抜歯しなければならないと診断されました。
抜歯後はインプラントかブリッジと説明され、インプラント治療を希望されたのですが、費用についてネットでお調べになり、当院に相談に来られました。
抜歯される前にお出でになったので、ここは抜歯即時埋入術をお勧めしました。
抜歯してすぐにインプラント埋入を行う方が、骨の喪失を抑制できるなどの面でメリットが多いことを、説明させていただき、同意いただいたので、本日抜歯即時インプラント埋入術を行ないました。

抜歯即時埋入で、治療期間の短縮と骨の喪失抑制を