重度の骨吸収もあきらめないで、骨造成でインプラントを。

患者様は名古屋市外在住の50代女性。
上下左右とも大臼歯が、重度の歯周病で、大きく骨が吸収されてしまっている患者様です。
いくつかの歯科医院でインプラント治療の相談をされたそうですが、骨がないので、無理と言われたそうです。
確かに、上顎の臼歯部は、紙のように薄い骨しかなく、下顎もかなり神経の近くまで、骨が吸収されてしまっていました。
何とかしたいと、患者様の強い希望がありましたので、1か所ずつ、骨造成を行い、インプラント埋入を目指すということになりました。
本日はまず、左上顎のサイナスリフトという骨造成術を行ないました。

重度の骨吸収もあきらめないで、骨造成でインプラントを。