先天性欠損の歯を、インプラントで回復

患者様は名古屋市内在住の20代女性。
この方の左下顎の第2小臼歯は、先天性欠損といって、生まれつきありません。
そのため、成人になっても、生え代わることなく、そのまま乳歯が残っていたのですが、これが一生このままでいることはなく、だんだんグラグラになってきたため、相談に来られました。
以前通院していた歯科医院で、これがダメになったら、インプラントかブリッジと説明を受けられていたそうです。
ブリッジでは、前後の良い歯を削らなければならないので、インプラント治療を希望されました。
まず、乳歯を抜歯し、歯肉が治癒してきたので、本日インプラント埋入術を行いました。

先天性欠損の歯を、インプラントで回復