第二大臼歯も、骨造成をして、インプラント治療がお勧め

患者様は名古屋市外在住の30代女性。
左上顎第二大臼歯の被せものが外れて、近くの歯科医院を受診したところ、ボロボロで差し歯ができるような状態ではなく、抜歯が必要と言われたそうです。
抜歯後は、後ろの親知らずを利用してブリッジにするか、インプラントかどちらかと説明されたそうです。
ただし、インプラントの場合、骨が薄いので、その歯科医院ではできないと言われたために、インプラント治療を希望して、当院に相談においでになりました。
かなり薄い骨でしたが、サイナスリフトという骨造成術を行なえば、インプラントは可能であると説明させていただき、了承されましたので、抜歯した後、歯肉の治癒を待って、本日サイナスリフトを行いました。

第二大臼歯も、骨造成をして、インプラント治療がお勧め