長い無理なブリッジを、インプラントで快適に

患者様は名古屋市在住の40代女性。
右下顎の長いブリッジがたびたび外れ、ブリッジの支えになっている歯が痛くなってきたとのことで、この部位をインプラントにしたいと希望されて、当院に相談に来られました。
右下は親知らずと、もう1本のみを支えに、5本のブリッジになっていました。
かなり無理な設計のブリッジで、長くはもたないと思われました。
支えになっている歯も、歯根に骨の吸収を認め、炎症を起こしてしまっています。
この歯も抜歯して、インプラントを即時埋入し、その後方に、2~3本のインプラントを埋入するという治療計画で、同意されましたので、本日埋入術を行ないました。
左下顎も左上顎も問題がありますので、これらの部位も治療させていただく予定です。

長い無理なブリッジを、インプラントで快適に