骨不足の臼歯1本でも、骨造成で、インプラントを可能に

患者様は名古屋市在住の50代男性。
左上顎第一大臼歯の根っこの周囲に膿がたまり、骨が吸収されているので、抜歯して、インプラントかブリッジと説明されたそうです。
しかし、吸収されてしまったために骨が薄く、インプラントは困難であると言われたそうです。
ブリッジで、隣の歯を大きく削られるのは避けたいということで、当院に相談に来られました。
レントゲン写真を見ても、かなり骨が少なく、通常のインプラント埋入は無理と思われました。
そこで、サイナスリフトという骨を増やす手術を行えば、インプラント治療は可能であるとご説明させていただきました。
普通にインプラントを埋入する手術より、大変になりますが、それでもインプラント治療を希望されましたので、サイナスリフトを行い、骨が十分に造成されましたので(下のCT写真2枚)、本日インプラント埋入術を行ないました。

骨不足の臼歯1本でも、骨造成で、インプラントを可能に1

骨不足の臼歯1本でも、骨造成で、インプラントを可能に2
骨不足の臼歯1本でも、骨造成で、インプラントを可能に3