一部のみ骨が薄い場合には、少量の骨造成術でインプラントを

患者様は名古屋市外在住の60代女性。
左上顎に装着されていたブリッジの、支えになっている歯のうち、手前の歯がダメになり、ブリッジを切断して抜歯されたそうです。
2歯の欠損となり、手前の何本かを削って長いブリッジにするか、インプラントかということになり、インプラントを希望されたのですが、骨が薄くて難しいと言われたそうです。
当院に相談にお出でになり、CTを撮らせていただいたところ、2本のうちの、1本は、抜歯した部分がへこんで、骨が薄くなっていました(下の段の写真の黄色矢印)。
こんな場合は、少量の人工骨をインプラントの周囲に補填して、さらに特殊な膜でカバーすれば、骨が造成され、インプラント治療が可能となります。
そのように説明をさせていただき、本日2本のインプラント埋入と、小規模な骨造成術を行ないました。

一部のみ骨が薄い場合には、少量の骨造成術でインプラントを1
一部のみ骨が薄い場合には、少量の骨造成術でインプラントを2