ダメになったブリッジをインプラントに

患者様は名古屋市内在住の60代女性。
上顎前歯から右側小臼歯までの7歯のブリッジが装着されていたのですが、ブリッジを支える歯の何本かが、ボロボロになり、ブリッジが外れてしまったそうです。
ブリッジの支えになる歯が、ダメになってしまっているので、もう一度同じ設計のブリッジは無理で、インプラントか部分入れ歯ということになりました。
やはり入れ歯には抵抗があるということで、インプラント治療を希望されました。
保存できない歯を抜いて、インプラントを埋入することとなり、下顎の大臼歯も含めて、合計6本のインプラント治療を行うことになりました。
本日はまず、上顎のインプラント埋入術を行なっております。

ダメになったブリッジをインプラントに