骨の少ない難症例も、骨造成で固定式の歯を回復

患者様は名古屋市内在住の40代男性。
上顎はすべてグラグラ、右下顎の臼歯もグラグラで、相談に来られた患者様です。
上顎はすべて抜歯しなければなりませんが、1本だけ残して、入れ歯の支えとしておいて、最終的にはこれも抜いてインプラントを行う予定です。
まだお若いので、何とか固定式の歯を回復することを希望されていましたから、上顎は両側臼歯部ともサイナスリフトによる骨造成を行いました。
以前にサイナスリフトをした際に、ご紹介した間患者様で、本日、下のレントゲン写真のように、骨が十分できていましたので、両側臼歯部と前歯部合わせて、8本のインプラント埋入術を行ないました。
下顎はすでに、抜歯後3本のインプラント埋入を行い、次回上部構造を装着予定です。

骨の少ない難症例も、骨造成で固定式の歯を回復1
骨の少ない難症例も、骨造成で固定式の歯を回復2