ブリッジをインプラントに代えて、快適に

患者様は名古屋市外在住の40代女性。
左上顎臼歯にブリッジを装着されていましたが、時々外れては、付け直しを繰り返していたそうです。
少し長いブリッジですので、金属ではありますが、目に見えないレベルでたわみが生じて、どうしても外れてしまうことがあると思います。
ここを、インプラントにしたいということで、相談に来られました。
間の、2本歯のないところを、インプラントにすれば、ブリッジは不要となり、たわんで外れてしまうこともなくなります。
2本目の部分は、骨が少し不足していましたので、ソケットリフトという、少しの骨造成を併用して、本日インプラント埋入術を行いました。

ブリッジをインプラントに代えて、快適に