少しの骨不足は、少量の骨造成でインプラント治療を

患者様は名古屋市内在住の40代女性。
右上顎奥歯がグラグラしてきたのと、左下顎の大臼歯がないので、ここにインプラント治療したいということで、来院されました。
左下顎は骨量が十分でしたので、上顎の歯の数に合わせて、1本のみのインプラント埋入を行いました。
右上顎は、犬歯から後方の、根っこのみ残っている歯を抜歯後、インプラント埋入のためには、少し骨の高さが不足していました。
そこで、この部位は、インプラント埋入のために、骨にドリリングして開けた穴から、人工骨を填入するという骨造成法、ソケットリフトという方法で、少量の骨を増やして、3本のインプラント埋入術を行ないました。

少しの骨不足は、少量の骨造成でインプラント治療を