大臼歯1本欠損を、ブリッジでなく、インプラントで

患者様は名古屋市外在住の60代男性。
左下顎の第一大臼歯の歯肉が腫れて、膿が出るということで、かかりつけの歯科医院を受診したところ、歯の根っこがボロボロになっていて、そこに細菌が増殖し、腫れ、膿の原因になっており、抜歯しなければならないと言われたそうです。
抜歯したら、ブリッジかインプラントの選択となりますが、インプラントはその歯科医院では対応していないために、インプラント治療を希望されて、当院に来院されました。
根っこに膿がたまり、周囲の骨の状態が不良でしたので、抜歯即時インプラント埋入は避けて、抜歯後、3か月ほど待って、本日インプラント埋入術を行ないました。

大臼歯1本欠損を、ブリッジでなく、インプラントで