抜歯即時インプラント埋入で、骨吸収も抑制

患者様は名古屋市内在住の30代女性。
以前に、上顎の前歯の神経を抜いて治療したのですが、根っこの先に炎症を起こして、膿がたまり、歯の根っこの部分を削るという外科的な治療(歯根端切除術)をされていました。
それでも、最近になって、また歯の根っこの状態が悪くなり、結局は抜歯が必要を言われたそうです。
抜歯して、ブリッジかインプラントということになり、両隣の健康な歯は削りたくないので、インプラントを選択されて、相談に来られました。
抜歯後の骨の吸収を抑え、治療が短縮できるという長所を考え、抜歯して、その場でインプラントを埋入する、抜歯即時インプラント埋入術を予定しました。
歯根周囲の状態が悪いので、場合によっては、インプラント埋入を断念しなければならないことも十分に説明したうえで、本日、抜歯即時インプラント埋入術を行ないました。

抜歯即時インプラント埋入で、骨吸収も抑制