抜歯即時インプラント埋入で、治療期間の短縮を

患者様は名古屋市外在住の60代女性。左下顎臼歯のブリッジは途中で破断し、右下顎のブリッジは、支えになっている歯が、冠の中で大きな穴があいてしまっていると通院していた歯科医で言われたそうです。どちらもブリッジは多分不可能で、インプラントか義歯が必要と説明されたそうです。義歯には抵抗感があり、インプラントを希望されて、当院に相談に来られました。両側とも、ブリッジの支えになっている3本の歯のうち、1本がダメになり、抜歯が必要と判断しました。もともと歯のないところと合わせて、両側とも2本ずつのインプラントを行うという計画をお勧めしました。前方の1本は抜歯して、そのままインプラントを埋入するという、抜歯即時インプラント埋入術を行ない、治療期間の短縮をはかるようにしました。本日まずは、左側のインプラント埋入術を行っております。

抜歯即時インプラント埋入で、治療期間の短縮を