無理な設計のブリッジを、インプラントに変えて安定した状態に

患者様は名古屋市内在住の40代男性。長い間、右下顎に長いブリッジを装着されていたのですが、最近になって、ぐらつき始めたそうです。他院で診察を受けたところ、ブリッジが外れて、支えになっている歯が、少し動揺していたそうです。親知らずを利用した、かなり長いブリッジで、支えになっている歯が無理をしているので、できればインプラントに変えた方が良いと言われたそうです。レントゲン写真をみても、少し無理のある設計のように見えます。当院でのインプラント治療を希望されて来院されましたので、歯のない大臼歯の部分に2本のインプラント治療を行うことで、お話をさせていただき、ご納得いただけました。本日、2本のインプラント埋入術を行ないました。インプラントが生着するまでは、ブリッジの仮歯を装着させていただきます。

無理な設計のブリッジを、インプラントに変えて安定した状態に