固い歯肉を作って、長期安定したインプラントを

患者様は名古屋市外在住の60代男性。前下顎の臼歯部に、他院にてインプラント治療をされたそうですが、1本を残して、他は抜去を余儀なくされたそうです。その後、義歯を作製していたものの、とても使えないと、しばらく、奥歯はないまま過ごされていたそうです。また別の歯科医院で相談されたそうですが、もうインプラントは無理と言われたそうです。それでも、何とかならないかということで、当院においでになりました。CTにて両側臼歯部ともに、かなり骨が吸収され、また、歯肉も固い歯ぐきが失われていて、困難な状態でした。
まず、ある程度の幅の、固い歯肉を確保するための手術を行い、そのうえで、短めのサイズのインプラントを埋入するという治療計画とさせていただきました。
2か月前に、まず左側の付着歯肉拡張術を行ない、本日同部にインプラント埋入術を行ないました。

名古屋市かすや歯科医院 1月第2週の症例の写真